【くすみ】タイプ別の原因と対策

多くの方を悩ませる肌のトラブル「くすみ」。疲れた様子や実年齢よりも老けた印象を与えてしまいますよね。異なる5つのくすみの原因と対策を知り、透明感があふれる明るい印象を手に入れましょう。合わせて、すぐに実践できるセルフケアの方法をご紹介いたします。

くすみ肌ってどんな肌?

「くすみ肌」とは、顔全体が肌本来のトーンよりも沈んで暗く見える状態を言います。肌の透明感や明るさ、ツヤを失うことで、不健康な印象を与えてしまいます。ただ、くすみは乾燥や肌のターンオーバーの乱れなど肌のトラブルを知らせる大事なサイン。自分のくすみのタイプをチェックして対策を見つけましょう!

あなたはどのタイプ?
くすみの種類とタイプ別対策

タイプ1.乾燥によるくすみ

肌が乾燥することにより、キメが乱れ透明感を損なうことでくすんで見える状態。肌色がグレーがかった色に見える方や白い粉をふくことがある方に多く見られます。空気が乾燥しやすい冬はもちろん、エアコンを頻繁に使用する暑い季節にも注意が必要です。

【おすすめの対策】

乾燥によるくすみには保湿ケアが大切です。いつものスキンケアだけでは乾燥してしまう方は化粧水の前にブースターオイルを使用し、うるおいを引き込みやすい状態を作ることがおすすめです。また、過度な洗顔も乾燥の原因のひとつ。正しい洗顔方法でうるおいを残して肌の汚れを落としましょう。

タイプ2.血行不良によるくすみ

目の下に濃いクマやむくみやすい方に多くみられるタイプ。血流の流れが悪くなることで肌に満足な栄養がわたらず、毛細血管が青色に目立つことによってどんよりとくすんで見えるようになっていきます。季節問わず冷えにお悩みの方は特に注意しましょう。

【おすすめの対策】

定期的に体を動かし、シャワーだけではなく入浴することで体を温めてあげましょう。ただ、忙しくて運動や入浴の時間がとれないという方は、いつものスキンケアタイムでフェイスマッサージをプラスしてください。マッサージをする時は摩擦を防ぐためたっぷりとオイルや保湿クリームを使いましょう。

タイプ3.メラニンによるくすみ

紫外線や摩擦の刺激により、肌にメラニンという黒い色素が増加することで薄い褐色の肌色に。通常、ターンオーバーによってメラニンは排出されますが、過剰にメラニンが産生されると肌に残ってしまい、日焼けのような茶褐色のくすみの原因となります。

【おすすめの対策】

メラニンによるくすみを予防するためには紫外線対策が必須です。紫外線は窓やカーテンを通り越して屋内に入り込んできてしまいます。外出時だけではなく、おうち時間でも日焼け止めを塗布しましょう。

タイプ4.糖化によるくすみ

肌の「黄ぐすみ」の原因がこの糖化。お米や麺類、砂糖などの糖質と肌のタンパク質が結びつくことで黄褐色のAGEsという物質に変質し、肌の黄ぐすみに繋がります。また、紫外線や喫煙も黄ぐすみの原因となるAGEs産生を促します。

【おすすめの対策】

糖質がくすみの原因のひとつですが、無理に食べることを避ける必要はありません。糖質の摂りすぎや野菜不足などの偏った食生活が重なることで糖化のリスクを高めてしまいます。糖質の摂りすぎや肌の黄ぐすみが気になる方は、食事は野菜から食べ、間食は血糖値を上昇させづらいナッツ類に置き換えてみてください。

タイプ5.角質によるくすみ

ターンオーバーの乱れによって古い角質が肌表面に蓄積することで透明感や柔らかさがない肌の印象に。年齢とともにターンオーバーが遅くなってしまうため、肌のごわつきが気になる方は早めのエイジングケアが必要です。

※年齢に応じた肌ケア

【おすすめの対策】

角質によるくすみにはターンオーバーを整えることが重要。丁寧なベーシックケアに酵素洗顔などのスペシャルケアをプラスすることがおすすめです。また、肌のターンオーバーは睡眠時に分泌される成長ホルモンが影響するので睡眠の質を高めてあげましょう。就寝前の2時間前にスマホやPCなどの使用を控え、朝は充分に日光を浴びてください。

朝夜のケアで変わる!
セルフフェイスマッサージ

日常生活でくすみ対策を行っていても、ストレスや疲労などの影響で日によってはどうしても顔がくすんで見えてしまうこともありますよね。そんな時は【1分でできる!簡単フェイスマッサージ】を行いましょう。

マッサージで肌に摩擦ダメージを与えないように、オイルや保湿クリームをたっぷり塗る。

顔全体になじませ、首筋のリンパを流す。
★やさしく顔になじませ、そのまま首筋へ。少し痛いと感じる部分は疲れが溜まっているサインです。

くるくるマッサージをして血行促進。
★深呼吸をしながら顔の中心から外、下から上へ向かってマッサージ。

仕上げにツボを刺激してリラックス。
★「1・2・3」と徐々に圧を加えてプッシュ、「4・5・6」と息を吐きながら力を抜きましょう。

肌のくすみと向き合おう!

5つのタイプによって原因や対策も異なる肌の「くすみ」。まずは、自分自身の肌や生活習慣と向き合い、くすみのタイプを探ってみましょう。「紫外線対策がおろそかになっていた!」や「甘いものを食べ過ぎていた!」などくすみをきっかけに気づけるチャンスかもしれません。あなたにぴったりの対策を見つけて、透明感あふれる健やかな肌で過ごしてくださいね。