ゆらぎやすい季節の肌と敏感肌

どこからともなく漂う花の香りに立ち止まると、沈丁花の花が咲いていました。三寒四温を繰り返しながら、厳しくどんよりとしていた冬の空からようやく解放されて、麗らかな日差しがうれしい春の到来です。桜の開花、木々の芽吹き、新生活スタートと、うきうきすることも多い一方で、春先は一年で最も肌荒れが起こりやすく、肌が敏感に傾きがちな季節でもあります。
今回は、ゆらぎやすい季節に起こる肌悩みについてお話しします。

ゆらぎやすい季節の肌と敏感肌

季節の変わり目の今の時期は、急激な気温の変化や、花粉や目に見えない塵などの飛来、環境変化によるストレスなどで、肌が敏感になりがちです。
いつも使っている洗顔料や化粧水などが合わなくなったり、急に刺激を感じた経験がある方も少なくないのではないでしょうか? 加えて今年は、マスクを着用する機会が増えたせいで、赤みやかゆみ、ニキビなどのトラブルを抱えている人も急増しています。
こういったトラブル肌は、敏感肌とよく似ていますが、厳密にいえば異なります。春先のような、ゆらぎやすい季節の肌と敏感肌の大きな違いは、「一時的」か「慢性的」かです。「特定の時期だけ肌荒れに悩まされる」といった方は「ゆらぐ季節肌」、他方「いつも肌が不安定だ」という方は「敏感肌」と言えます。

ゆらぎやすい季節の肌

普段は何ともないのに、季節の変わり目やある特定の時期に肌の乾燥や赤み、かゆみやピリピリ・チクチクとした刺激を感じるといった不快な症状が現れるのが、ゆらぐ季節の肌です。
特に春先のトラブル要因としては、①空気の乾燥、②昼夜の寒暖差、③紫外線の増加、④花粉やPM2.5、黄砂など外部刺激の増加、⑤環境の変化によるストレスがあげられます。
バリア機能の低下により、ちょっとした刺激に弱い不安定な肌状態です。
ところで、最近多いマスク生活による肌トラブルですが、着脱による温湿度差や乾燥、布のこすれ刺激などが要因と考えられ、ゆらぐ季節肌と共通するところがあります。

敏感肌

さて、「敏感肌」ですが、実は皮膚科学的には明確な定義はありません。先述のように、洗顔後や化粧品を使った後に、チクチクしたりヒリヒリと感じたり、肌がつっぱる感じがしたりと、正に肌の感受性が高まり種々な刺激に過敏な状態の肌です。肌が敏感に反応する原因には個人差があり、現れるサインも様々です。
敏感肌の多くは、健康な肌に比べ、バリア機能が低下しており、皮脂が少なく乾燥しやすい傾向がみられます(図1)。

バリア機能の働きが弱まっている肌と健康な肌

 図1.バリア機能の働きが弱まっている肌と健康な肌

ゆらぎやすい季節の肌と敏感肌のケア

これまで説明してきたように、肌が敏感になっている症状や原因は様々ですが、共通しているのは、肌を刺激から守るバリア機能の働きが弱っている状態にあるということです。つまり、間違ったスキンケアを続けてしまうことは症状の悪化に繋がってしまいます。いつも何気なく習慣でこなしてしまっているスキンケアステップを見直して、敏感な肌を予防しましょう。

1)清潔にする
洗顔:意外と忘れてしまいがちなのが、洗顔前の手洗い。手に汚れや油分がついていると泡立ちが悪くなるため、手は清潔にしておくことが洗顔の基本です。そしてきめ細やかな泡で、肌をやさしく包み込むようにして汚れを浮かせたあと、しっかりとすすぎ、タオルを押し当てるようにして擦らずに水分を拭き取ります。
クレンジング:クレンジングには必要以上に時間はかけず、頬や額はらせんを描くようにファンデーションや汚れとなじませるのが基本です。皮膚が薄くデリケートな目もとは、特にやさしく触れるように意識しましょう。使用量が少ないと摩擦が大きくなり、肌に負担をかけてしまいます。適量を使用し、ゴシゴシ擦ることは絶対に避けましょう。

2)うるおいを保つ
敏感な肌は、バリア機能が低下して乾燥に傾いているため、保湿ケアが最も重要なお手入れポイント。十分なうるおいで満たし、乾燥を防ぎ、外的刺激から肌を守りましょう。ブースターオイルや化粧水、乳液と基本のスキンケアステップもやさしく丁寧に行い、より乾燥が気になる目周りなどは、美容液やバームなどのスペシャルアイテムでのケアもおすすめです。

3)紫外線から守る
3月ともなれば、9月とそれほど変わらない量の紫外線が降り注ぎ始めます。リモートワークや外出を控えることも多く、たとえしっかりメイクはしなくとも、日焼け対策は怠らないでいてほしいもの。外出の際は、日焼けしやすい額・鼻筋・ほお骨はとくに念入りに、小鼻の脇、髪の生え際、耳、うなじ、手の甲、腕の内側など、日焼け止めの塗り忘れのないように注意しましょう。汗をかいたり、汗をタオルで拭いた後などは、こまめに塗り直すのがポイントです。

食事

敏感肌は、その原因が身体の中にあることも考えられるので、ストレスや睡眠不足、不規則な食事といった、日常生活を見直してみることも大切です。野菜・肉・魚・卵・乳製品などをバランスよく摂るようにしましょう。
美しい肌は、健康な身体づくりなしには成りえません。

\ゆらぎやすい季節にはこちらがおすすめ/

クレンジングミルクバリア

クレンジングミルクバリア
2,750円(税込) / 130mL
春の不安定なゆらぎ肌にうるおいを蓄え、
バリア機能を守る数量限定のクレンジングミルクです。
乾燥によって不安定で荒れやすい状態

バリアバームS(センシティブ)

バリアバームS (センシティブ)
3,850円(税込) / 20g
植物由来のピュアオイル膜がうるおいを長時間保ち、
乾燥などを繰り返すゆらぎ肌のための低刺激処方の限定保湿バームです。
※乾燥によって不安定で荒れやすい状態

ゆらぐ季節肌・敏感肌に共通しているのは、肌を刺激から守るバリア機能の働きが弱っている状態にあるということ。スキンケアステップと食事や睡眠などの日常生活を見直して、ゆらぎやすい季節も調子のいい肌をキープしましょう。