自社農場と有機JAS認証について

こんにちは、チャントアチャームです。
何度かコラムでご紹介してきましたが、チャントアチャームでは配合の美容成分に、並々ならぬこだわりを持っています。原料基準のひとつには「有機JAS 認証の自社農場で育てたハーブを積極的に使用します。」というものを定めています。私たちだけがご愛用者様にご提供できる、唯一無二の商品に必要不可欠なハーブを育てているのが、山梨県北杜市明野町にある自社農場。オーガニック化粧品の原料となる植物を育てているわけですから、この農場はオーガニック(=有機)と謳える認証を持った農場です。
そこで、オーガニック化粧品の日である8月29日の本日は、農場が取得している有機JASという認証についてお話ししていきたいと思います。

オーガニックコスメと「有機JAS」

繰り返しになりますが、チャントアチャームで美容成分として配合している植物エキスのいくつかは、山梨県にある自社農場で栽培したハーブから抽出した、種(苗)から、手塩にかけて作っています。さて、この農場は、「有機JAS」という認証を取得しています。「有機JAS認証」は農林水産省によって登録された第三者機関に認定される認証で、「その農場の作物が化学肥料や農薬を使用せずに一定期間有機的に栽培をされたもの」ということを保証するものです。

チャントアチャームをご愛用くださっている、もしくは少しでもこのブランドに興味を抱いてこのコラムを読んでくださっているみなさんにとっては、オーガニックコスメや、ナチュラルオーガニックという単語はごくごく馴染みのあるもののはずで、違和感など全くないと思います。でも、「オーガニックコスメ」を日本語に直訳した「有機化粧品」といわれたら、なんだか違うイメージが浮かんできませんか? 例えば、化粧品より、野菜やくだものなどの農作物がしっくりとくるかもしれません。

「有機JAS認証栽培」と「無農薬栽培」

それでは「有機JAS」について、話を戻します。農作物の育て方として、「有機栽培」に類似して、「無農薬栽培」という単語もしばしば目にすることがあるはずです。ではこの「有機」と「無農薬」の違いをご存知でしょうか?「有機栽培と無農薬栽培では、無農薬の方が農薬を使っていないから、体や土壌に対してより優しいのではないか?」という感じがしませんか?しかし、そうとばかりも言えないのが、お役所が決めた基準の複雑なところ。

「有機JAS認証栽培」と「無農薬栽培」、最も大きな違いは、第三者機関による認証の有無。「有機栽培」と表示するには、農林水産省から認可を得た登録機関によってしかるべき調査を受け、認証されなければなりません。一方、「無農薬栽培」と称するにあたっては、第三者機関による認証の必要はありません。実際に栽培時に農薬を使用していないとしても、それ以前に使われていた農薬が土壌中に残留している可能性も有り、完全な無農薬というのは難しいようです。そのようなこともあって、農林水産省のガイドラインでは、消費者の誤解を招きやすいという事から「無農薬」という表示は認められていません。

有機JAS認証栽培」の難しさ

さて、弊社の農場は、有機JAS認証を取得しているわけですが、この認証、取得するのも一苦労。何年も継続して維持するには、なみなみならぬ努力が必要なのです。なぜなら、認証された後も、最低1年に1回は調査を受けなくてはならず、継続的な管理が求められるのです。例えばその認証の条件は、「種蒔きや植え付けの2年以上及び栽培中に(多年生作物の場合は収穫前3年以上)、原則として化学的肥料及び農薬を使用しないこと、また遺伝子組み換え種苗は使用しないこと」という厳しいもの。自社農場の作物には多年生植物もありますので、3年以上は化学肥料や農薬等は使っていないという事になります。日本の耕地面積において、この有機JASを取得している農地割合は、わずか0.2%程度しかないのが現状です。ちなみに、取得した認証の継続には、除草や自然肥料での栽培という実労働はもとより、調査や申請手続き費用なども必要になってきます。

化粧品に限らず、食品、衣料など、オーガニック製品の価格は高いといわれています。しかし、オーガニック製品を作るためには、ひと手間以上の労力がかけられているのです。
普段は気にも留めずに手に取っているオーガニック製品は、人と自然に優しいものを使っていただきたいという想いを込めて作られたものたちだということの一端でも、オーガニック化粧品の日の今日、知っていただけたら嬉しく思います。